シミにならない日焼け~肌の色が影響する日焼け後の肌の色

紫外線を浴びるというのは体にとって悪いですので、なるべくならば浴びないほうがいいわけです。日焼けをしたいというのであればシミにならない日焼けを目指したいものです。日焼けをやっている時には日焼けをしているということだけに集中しがちですが、日焼け後のことも考えないといけないです。今回は日焼けをした後のことについて紹介すると共に、日焼けサロンで日焼けをする際の注意点についても紹介していきます。

■日焼け後の肌の色はもともとの肌の色が影響する

日焼けを行うのであればきれいに日焼けがしたいものですが、もともとも肌の色が色黒か色白かによって大きく変わっていくものです。色黒の人は日焼けをしたとしても赤くなりにくく、すぐに吸収してこんがりと色が付きやすいです。きれいな日焼けを目指したいのであれば、SPF15ぐらいの低い数値のサンオイルや日焼け止めを塗っておきましょう。

色白の人はこんがりと焼くためには相当時間と費用と手間がかかる点に注意しましょう。色黒の人に比べて相当焼くために苦労すると思っておいたほうがいいです。いきなり紫外線を浴びて日焼けをするということになると、皮膚がやけどをした状態になり水ぶくれができます。これでは日焼けをするということにはならないでしょう。

■日焼け止めを塗らないで日焼けをするのはやめておこう

色白の人が日焼け止めを塗らないで日焼けをするというのは無謀なことだというのは体感的にも分かることですが、色黒の人であっても加齢とともに吸収した紫外線に反応してシミになることがあります。色黒だから分からないというのではなく、大きなシミは老けて見えますし、皮膚がん発症リスクが増す結果になりますので、赤くならないからと言って日焼け止めを塗らないで日焼けをするのは止めましょう。

■色白の人は日焼けサロンに通うのも一つの手である

色白の人が太陽光を浴びて日焼けをするのは相当難しいです。そうであれば、予行練習の一環として日焼けサロンに行くというのも一つの手ではないでしょうか。どういう風にして使えばいいのかというのは店員さんが教えてくれますので、それに従えばいいでしょう。ただし、日焼けサロンであってももともとメラニンを作る能力が低い人は、それでも苦労する可能性はあります。

■日焼けサロンでトラブルが起きないためにどうすればいいのか?

日焼けサロンでトラブルが起こる症状としては炎症ややけどがあります。これは何が原因になっているのかと言うと、日焼けを行うためのタンニングマシンの照射時間が長すぎたためです。特に肌が弱い人などはそういうことになる可能性がありますので、自分でも注意すると共に、サロン側でも注意をしてもらうことが重要です。こちらがその都度確認を取ればトラブルを防ぐことは可能でしょう。

日焼けサロン選びというのはエステに行くよりも大切になります。日焼けサロン選びをミスしたら人体に影響が出てきますので、その点で自分が信頼できる日焼けサロンを選ぶ必要があります。日焼けサロンは相当リスクがあるということを認識して、店員がきちんと教育されているかなどを確かめるといいでしょう。

■日焼け後のアフターケアが重要です

日焼けをしたのであれば、一番大切なのがアフターケアになります。真っ先にやるべきことは炎症を抑えることです。炎症が起きた部分に濡れタオルなどを当てたり、炎症を抑えるクリームなどを利用するようにしましょう。

肌に対してきちんと保湿をしてあげましょう。日焼け後の肌は砂漠のように乾燥をしていますので、ボディ用化粧水などで保湿した後に保湿クリームできちんと水分を閉じ込めるようにしましょう。保湿を怠ってしまうと、乾燥している部分とそうでない部分とで皮膚がまだら模様になってしまい、見た目にも悪くなってしまいます。

■日焼けから2日目以降のケアもしっかりとしよう

日焼け直後というのはヒリヒリしている感じがしたかもしれませんが、2日目以降もそういう状態が続いているのであれば、炎症を抑えることに心掛けた方がいいです。外出する必要がある時に二中に日焼けをしてしまうと再び火傷状態になってしまいますので、日焼けをした箇所はなるべく日光にさらさないようにします。

何日経ってもヒリヒリしている状態が続いていたり、水ぶくれができているというのであれば、日焼けどころの話ではありませんので、すぐに皮膚科を受診したほうがいいです。この状態というのは自宅でどうにかなるような火傷ではなく、大やけどに似た状態に当たります。

■日焼けをする時にはアフターケアにも気をつける

日焼けに強いのは黒い肌の人にはなりますが、そういう人であってもきちんと日焼け止めを塗って日焼けをしないと、後になってシミができるなど困ったことにもなりかねません。日焼けサロンで日焼けをする場合でも注意していないと肌トラブルに見舞われます。日焼けをした時には炎症を止めたり、きちんと保湿をするなどしてアフターケアをする必要があります。

ドクターメディオンを使ってエイジングケアしませんか?